読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうなんとかさんの雑記帳的な。

Twitterで踊ったり音ゲーしたりしてるあの名前がよくわからない人が書いてるらしいよ。

VisualStudioでGitが使えるらしい

ちなみにコミットだけでなくてブランチ作成、マージ、リモートへのPush、Pull、競合の解決もできるらしいです。

VisualStudioから使ってみよう

「チーム エクスプローラー」というところから使います。表示(V)→チーム エクスプローラーで出てきます。前にも言いましたが、これがない人はお布施が足りないので私にはどうすることもできません。

リポジトリの登録

「接続」から行います。新しくリポジトリを作る場合は「新規」、すでにGitでバージョン管理しているものを登録するときは「追加」、リモートのリポジトリをクローンしてくるときは「複製」を選びます。Team Foundation Serviceの設定は今回は飾りです。

コミットしてみる

まずはコミットしてみましょう。適当にファイルを変更したら、「変更」を選択します。ちなみにコマンドで使うときとは逆で、変更があると自動的に記録の対象にされ、無視または除外するファイルは手前で指定する仕様です。いちいちステージングするのが面倒だった人にはうれしいかもしれませんね。変更対象を確認したらコミットメッセージを入力して「コミット(I)」ボタンを押せばコミットしてくれます。

リモートリポジトリとのやり取り

これは「同期されていないコミット」から取り寄せる、または送ることができます。「同期(S)」ボタンを押せば適当に最新版にしてくれるようですが、gitoliteを使っていて「hoge:Repository」みたいな感じでリモートリポジトリを指定しているときは「そんなプロトコル知らない」とか言われてうまくいきません。そんなときでも一応「操作→コマンドプロンプトを開く」とたどることで、カレントディレクトリをリポジトリの場所にした状態で端末を開けるので、そこからすぐにコマンドでリモートとやり取りできるという救済措置があります。

ブランチの操作

マージとブランチの作成は「分岐」から一括でできます。「新しい分岐」で新しいブランチを作るフォームが、「マージ」でマージするためのフォームが出てきます。削除はブランチを選んで右クリック→削除でできます。

履歴の確認

「分岐」からコミット履歴を確認したいブランチを選び、右クリック「履歴の表示」でみることができます。グラフは出ませんが、コミットを選択するとファイルごとに変更点の確認ができます。デフォルトでは変更前と変更後の内容を横に並べた2画面表示ですが、よく見るインライン表示にもできます。

使ってみた感想

IDEの中で基本的なバージョン管理が完結してしまうのはいい点ですね。Alt+Tabとかでシェルに移動しなくても手軽にコミットできるのはいいポイントです。ただ、専用ツールに比べると操作性がいまいちなのが難点です。差分解決ツールとしても使えるのですが、いちいち重厚なIDEを起動するのは大儀なので、これもVisualStudioを使ってない場合は専用ツールがあるといいかもしれません。また、過去のブランチへのチェックアウトやコミットの修正はできないようです。やっぱり専用ツールに比べるとどうしてもおまけ感がしてしまいます。それでも使い勝手が壊滅的にひどいわけではないので、今のところ「チーム エクスプローラー」は私のVisualStudioに鎮座しています。