読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうなんとかさんの雑記帳的な。

Twitterで踊ったり音ゲーしたりしてるあの名前がよくわからない人が書いてるらしいよ。

「汝は人狼なりや?」の遊び方

いろいろ役職がありますが、今回は簡単なものから。

簡単な説明

一致団結して人の皮をかぶった狼を全員吊るし上げるか、村人をだまして全員食らいつくしましょう!

もう少し詳しい説明

多人数の村人チームと、少人数の人狼チームに分かれてゲームをします。誰が何者であるかは一部の人との間をのぞいて非公開です(公開してはいけないわけではない)。なので、ゲームが有利になるように誰かの役職を騙ることもできます。

勝利条件

村人側と人狼側で条件が違います。

村人側
人狼を全員退治する
人狼側
自分たちと同じ人数になるまで村人の数を減らす

人の減らし方

夜に1人、昼に1人ずつ人が減っていきます。

人狼が村人の誰かをかみ殺す
多数決投票をして、最も多い票が集まった人を処刑する

これを、どちらかが勝利するまで繰り返します。

役職

このゲームにはいろいろな役職があります。だいたいは村人側です。

村人側
村人
いわゆるモブキャラ的な立ち位置で、プレイヤーの中で一番多い役職です。能力はありませんし、夜の間はこれといって何もできませんが、狼を退治できるのは村人の票の力だけです。
占い師
夜の間に、誰か1人の役職を知ることができます。ただしわかるのは人狼かそうでないかだけです。
霊能者
夜の間に、その直前に処刑した人が何者かを知ることができます。こちらもわかるのは人狼かそうでないかだけです。
狩人
夜の間に、自分以外の誰かを1人護衛できます。夜の間に護衛した人が襲われても死んでしまうことはありません。ただし人狼の数は減りません。
共有者
2人1組の役職です。どちらかが死んでしまうとそれを知ることができます。また、夜の間に2人だけで会話できるようにするルールもあります。
人狼側
人狼
人の皮をかぶった狼です。夜の間に仲間と話をすることができます。話の内容は他の人にはわかりません。また、夜明け前に1人自分たち以外の誰かをかみ殺していきます。
狂人
人狼陣営ですが、占い師や霊能者からは村人に見えます。自分を村人としてカウントしたとき、人狼の勝利条件を満たせば勝ちとなる特殊な役職です。
第三勢力

人数が多いときは第三勢力がいたりします。

妖狐
人狼に襲われても死なない特殊な役職です。昼に処刑されるか、夜の間に占い師に占われて正体を見破られると死んでしまいます。勝利条件も特殊で、自分をプレイヤーの頭数から除外したしたときに、村人と人狼、どちらかの勝利条件を満たしたときに生き残っていれば勝ちというものです。複数人居るときは妖狐どうしで話をすることができます。話の内容は他の人にはわかりません。

ほかにもいますが、今回はよく見る役職であるこれくらいにとどめておきます。

なかなか難しいゲームです

始めたばかりだと状況把握で精一杯どころかそれすらもままならず、発言が薄くて人狼を探す意志がないと見られて処刑されてしまうことがよくあります(というかまずそれしかない)数をこなさないとなかなか状況も見えてきませんし、役職をもらっても怪しまれて処刑されたりします。村人は怪しい人には薄情なようです。

そんな人狼を明日やります

第十四回ウサギィ人狼会【こびと人狼コラボ】 : ATND
というのがあるので、明日いってきます。余談ですが、今回使う人狼のカードがかわいい