読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうなんとかさんの雑記帳的な。

Twitterで踊ったり音ゲーしたりしてるあの名前がよくわからない人が書いてるらしいよ。

WPFのWebBrowserコントロールでjQueryを動かしてみる

WPFのWebBrowserクラスには、スクリプトを実行することができるInvokeScriptというメソッドがあります。これでjQueryを使えるようにしようというのが今回の魂胆です。

一筋縄ではいかない

InvokeScriptメソッドでは、直接document.getElementById("hoge")みたいなのが使えません。やろうものならたちどころになんかよくわからない例外とエラーコードをはいてくれます。あれこれ試行錯誤した結果、
evalでごり押しすれば何とかなる
という結論に至りました。

WebBrowser browser = this.browser;
browser.InvokeScript("eval", @"var s = document.CreateElement('script'); s.src = 'file:///path/to/jquery.js'; document.body.AppendChild(s);");

これではれてjQueryが使えるようになりました。ただし、すぐ使おうとすると「$は定義されていません」とか言われてしまうので、ロードが終わった頃合を見計らわないといけないようです。すごくめんどくさい。
多分同じようにほかのJavaScriptも読み込ませることができるので、この調子でどんどんスクリプトを読み込ませることができるわけですね。