読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうなんとかさんの雑記帳的な。

Twitterで踊ったり音ゲーしたりしてるあの名前がよくわからない人が書いてるらしいよ。

かわいい顔して鬼畜ゲーのひとり用カードゲームで遊んでみた

今回は前から気になっていたシェフィというカードゲームを手に入れたので早速遊んでみました。


カードはこんな感じにかわいいのですが、運によっては即詰みする可能性もある鬼畜ゲーです。
シェフィ (Shephy)

シェフィ (Shephy)

簡単な説明

産めよ増やせよ地に満ちよ、羊を1000匹に増やそう!

もう少し詳しい説明

このゲームは1人用です。プレイヤーは最初1匹の羊を持っています。それを、様々なイベントを駆使して増やしていき、最終的に1000匹にするのが目標です。
プレイヤーのすることは手札のイベントを発動して羊を増やすだけですが、これが結構大変です。
さっきから鬼畜鬼畜といっていますが、何が鬼畜なのかというと、羊を増やすカードよりも減らすカードのほうが多いのです。しかもその中でも即死級のカードが何枚かあって、うまくやり過ごさないとすぐ全滅してしまったり、最悪の場合初手でいきなり詰んだりします。
それをゲームから除外したり手札から退場させたりしていかにやり過ごすか、また、山札をリロードする回数が制限されているので、いかにうまくカードを回すかがポイントとなってきます。
私は初プレイからいきなり詰みました。手札の引きが悪く、羊を増やすことなく全滅確定となってしまったからです。初手で山札からサーチするカードか、羊を増やすカードがないと詰みがほぼ確定してしまいます。いまどき珍しい即死が味わえます。

遊んでみた感想

コンポーネントはかわいいし、カードに描かれている羊がフリーダムすぎてみていて飽きないと思います。1枚1枚違うので、それを見てみるのも楽しいものです。ゲームの内容は死にゲーっぽいところがありますが、骨がある分成功したときの達成感があります。どうしてもクリアできないときはひつじカードの所持制限を解除してみるといいかもしれません。それでも手札運によっては十分難しいゲームです。みなさんも羊、増やしてみませんか?