読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆうなんとかさんの雑記帳的な。

Twitterで踊ったり音ゲーしたりしてるあの名前がよくわからない人が書いてるらしいよ。

インストールメディアづくりに東奔西走してた

よくわかるまとめ

Windows8.1のISOイメージとプロダクトキーを支給された*1→ISOイメージをddしてみる→ブートしない→不貞寝→Bootcampアシスタントで作れないかなー→エラーが出る→原因:容量足りない→不貞寝→USBメモリを買いにいく→地震に遭う→容量足りてたけどブートしなかった→不貞寝→Unetbootinというツールを試してみる→メディア作成成功!?→しかしブートしない→不貞寝→特定のバージョンでやるといけるらしいという話を聞く→いまやってるけどなかなか終わらない

かのように、Windowsのない環境でWindowsのインストールメディアを作るのは大変である。

知識のある方であれば、ddしたあとMBR設定したらいけるんじゃないでしょうかね…私はそういうのあんまり詳しくないのでツールに頼ることを…強いられているんだ!にしました。Windowsのブートメディアって、NTFSでフォーマットしないといけないらしいんですよね。現行のUnetbootinはFATでフォーマットしたUSBメモリしか認識しないので使えないのです。ということで、
How to use UnetBootin to create a bootable USB for Windows 7 ~ Linux and Life
この辺を参考にやってみた感じです。DVDドライブもあるので、一番早いのはDVDを買ってきてあれこれするのだと思うのですが、失敗するとややつらいので使い回せるUSBメモリを使ってやっている次第です。早く終わらないかな…

*1:これらは会社の方から正規の手段で得ています。